デスノート ルール

基本的なルール
・人間の顔を思い浮かべその名前を書くと、その人間は死に至る。同姓同名の人間がいても、死ぬのは名前を書くときに思い浮かべた対象人物だけになる。
・名前以外に何も書かなかった場合は、名前記入の40秒後に心臓麻痺での死亡となる。
・人間に憑く元持ち主の死神が死んでも効力は全く変わらない。
・いかなる方法を用いてもデスノートに名前を書かれた人物の死を取り消すことは出来ない。
・デスノートは人間界の地に着いた時点から人間界の物となる
・デスノートを使った人間は天国にも地獄にも行けない。

死因を書いた場合のルール
・記入された死因での死亡となる。 ただしそれが実現不可能な場合は心臓麻痺となる。
・死因を記入してから6分40秒以内に死に至るまでの詳細を書くと、その人間の死まで物理的に可能な範囲で操ることができる。
・先に書いておいた死因や死に至るまでの詳細の前に名前を書き足しても有効である。(約19日以内)
・第三者を直接死亡させるような死因や死に至るまでの詳細は効力がなく、心臓麻痺による死亡になる。逆に対象者だけが死亡するような詳細で、第三者の動作が関連して死ぬ場合は有効である(例:襲った相手から返り討ちにされる)。
・日時を指定した上で操って殺せるのは23日以内。
23日以上かかるような病気を死因に指定して死亡させる場合は例外。ただし日にちの指定を行えば無効になる。無理が生じるようであれば心臓麻痺となる。

デスノートの所有権
・デスノートの元々の所有者であった死神が所有した人間に憑く(デスノート1つにつき1人)。
・所有権を失うとデスノートに関係する記憶の部分は全て失われる。

デスノートの効力が及ばない対象
・生後780日以内。
・既に4回間違った名前を書かれた人間(ただし故意に書き間違えた場合は別である)。
・124歳以上の人間。
・寿命が残り12分以下の人間。
・既にデスノートに名前を書かれ、死ぬ日時が確定した人間。


デスノートとは?【DEATH NOTEとは?】

この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

----------------------------------------------------------------------
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。